お布団大好き

推しへの愛の備忘録

ガチ恋の行方

私は推しにガチ恋、つまりはリアコ勢である。

ただ、彼が一般人の私に振り向くとは到底思えないし、私もそこまでの魅力とルックスを持ち合わせていないので本気で彼の付き合えるとは思っていない。

更に彼は握手会などの接触イベも開催していないので、もちろん認知されるわけでもなく完全に一方的な私の片想いである。

しかしふと疑問に思った。

 

"私のこの行き場のない恋心はどこへ行くのだろうか?"

 

きっと彼は将来、綺麗で才能のある女性と結婚するだろう。その相手が当たり前に自分ではないことを分かりながらも傷ついてしまう自分もいる。

本気で芸能人と付き合えるなんて思っていない。

だけれど、ただの我儘だけれど、少しでも夢を見させてほしい。

彼はアイドルではない。俳優だ。分かっている。

でもやっぱり今は、少しだけでいいから、本気で好きでいさせてほしい。

 

ここ最近、SNS上でのカノバレで燃えた若手俳優を何人もみてきた。TwitterInstagram、ブログなどに載った写真からお揃いのものを特定したり、挙句の果てには恋人同士だと断定せざるを得ないツーショットなど。

そんなものが流出するたびに、ひたむきに応援してきたファンは裏切られた気持ちになる。人前にでる仕事をしている以上、こういうことは恋愛禁止を謳っているアイドルでなくても、あってはならないことだと思う。

彼が、このようなカノバレをせずに正式に結婚発表をしたとしても、きっと私は複雑な気持ちになるだろう。そうなったとき、私の気持ちはどこへ追いやればいいのだろう。

 

彼はまだTwitterInstagramも開設していない。もしかしたらプライベート用でアカウントをもっているかもしれないが、このまま公式のアカウントは作らなくていいと思ってしまう。

SNSは時として着火剤になりうる。そんな危険性があるならまだ、彼が見たもの感じたものをリアルタイムで知ることがなくてもいいのかもしれない。

何も知らなければきっと、私の気持ちも然るべき時に消化されいつか美化された思い出として残るだろう。

今はその時をじっと待つしかない。