お布団大好き

推しへの愛の備忘録

半年

8月は一切更新していなかった、飽き性が顔を出し始めている。

忘れ去られているかもしれないが、ぼんやり深夜にこうやって記事を書き始めたりしてみる。いいのだ、これは自己満足なのだから。


月日の流れが早く、あっという間に9月を迎え、いつの間にか地獄の釜の底のような暑さも少しは和らいできた気がする。

推しを応援し始めて半年以上が経っていた。 半年、という月日の中で推しの情報が更新されたのはほんの僅かだが、この半年間の中で推しへの気持ちがいろんな方向へ揺らいだりしてかなり情緒不安定な日々を過ごした気がする。

そもそも、この半年の中で自分を取り巻く環境が大きく変わり、私自身にも緩やかではあるが変化が見られているような気がする。あくまで、気がするだけだが。

実際忙しく生活していた中でも、推しのことを考えなかった日はほとんど無いし、推しのことを応援するのをやめようかなどと急にメンタルをこじらせてみたり、感情の揺れこそ激しかったものの、しっかり推しの存在は私の生活の中に浸透していて離れることが出来なかった。それだけやっぱり好きなんだなと、何度も何度も痛感した。


先日、推しが出演した映画が地上波で放送された。リアルタイムでは少ししか見れなかったもののテレビ画面に推しが映ると、胸が高鳴るような痛くなるような、ほんのちょっとだけ息苦しくなるような、そんな気持ちになった。推しを見ていた時の私は 『かわいい、やっぱり好きだな』という気持ちが大きかったが、それに隠れるようにして頭の片隅では 『今まで知らなかった人が推しのことを見つけて、簡単に名前を口にして応援するようになったら嫌だな』 という醜い思いがくすぶっていた。

そもそも推しが注目されることは、彼にとっても応援している自分にとってもいいことなのだ。注目されることが増え、認知度が上がればドラマや映画だけでなく、バラエティやドキュメンタリーなどにも出演し、必死に出演情報を更新しなくてもテレビをつければ推しが見れる、なんてことにもなり得るのだ。

だけれど

やっぱり、どうしようもない汚い独占欲がわいてしまい、自分で自分が嫌になってしまった。ファンの1人である自分が勝手に独占欲を抱くなんてお門違いにも程がある。それは分かっているけど。あまりにもどうしようもなさすぎて、私は未だにその映画の録画を見ることが出来ていない。やっぱり胸の奥が抓られるような気持ちになってしまうから。


半年間、彼のことを陰ながらじっと応援してきて、本当に人生が変わったと思っているし、彼に出会うことが出来てとても嬉しい気持ちでいっぱいだ。本当に素直に純粋に、彼の活躍を祈っている。

私のこのみっともない独占欲が無くなって、テレビに映る彼を見て幸せな気持ちになれる日が一刻も早く来ることを、私自身が私自身に祈っている。神様仏様人間様。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオのアプリを手持ちのiPhoneにいれた。
推しが出ていた連続ドラマが見られるようになったので1話目から見てみた。
次回のキーパーソンになりそうな、ちょこちょことした出演だったけれど推しの姿を見ると心臓が止まりそうになった。
推しがメインの話はこれから用事を済ませたら寝る前にじっくりと見ようと思う。
日記みたいになってしまったけどこれで終わり。
ところで今猛烈にお腹がすいているのだけど、推しの好きな食べ物ってなんなんだろうな。

5ヶ月が過ぎて

前回の投稿からかなり日が経ってしまったが、毎日それなりに忙しく過ごせている。
推しのことを好きになって気がつけば5ヶ月が経った。最近は月一程度で推しの小さいけれど大事な情報が更新されつつある。一時はあまりの更新の無さに芸能界を去ってしまうのでは、とばかり考えていたが杞憂に終わってくれたのでほっとしている。
以前の記事で、恋人ができたから推しにガチ恋をするのはいかがなものかという記事を投稿したが、あれから自分でじっくり考えた結果、

やはり私が推しのことを好きなことに変わりはないし恋人がいようがこの気持ちは曲げられないから今までと変わらず応援する

という方向性で通していこうと決めた。
大好きというは恋人も推しも同じだけれど、私は推しに多くを望んだりはしていないし、いつでも私のことを思ってほしいとも思わない(これは恋人に思っているのかと言われると微妙なところではあるが)。
私は私なりに推しのことを応援できたらそれでいいのだ。推しが活躍しているところをひっそりと目に焼き付けられたら、もうそれで満足なのだ。
推しを好きになって5ヶ月半。これからも好きでい続けようと思った。


◉推しの宣伝とお願い◉

ここからは、推しの宣伝になる。
まず、今冬に推しが出演している映画が公開される。おそらく小さな役柄だがようやく推しの姿を大きなスクリーンで、自分の目で見られる機会がやってきた。出演俳優の多くは知名度が高く有名な方なので、これを機に推しが多くの人たちの目に止まると嬉しい。
もうひとつは、推しが初めて出演した映画が来月地上波で初放送される。この映画は去年原作が話題になりそのまま実写映画化され更に話題を呼んだ作品だ。おそらく誰もが1度はタイトルを耳にしたことがあるだろう。つまり、この映画を放映中に見られず気になっていた人の多くはこの地上波放送を見ることになるので、きっと推しを初めて知った人や前から知っていた人たちの中で、新たに推しについての話題があがるのではないかと考えている。そうすれば推しの地名度もあがって出演作品も増え、ファン対象のイベントも開催されることだろう。これは大きなチャンスなのだ。ガチ恋だの何だの言っていられない、一世一代をかけた推しの活躍に影響するチャンスだ。
ということで、もし、万が一、推しのチャンスに貢献してくださる方がいたら詳細を贈りますので、コメントかTwitterアカウントの方に声をかけていただけると幸いです。

推しがもっともっと活躍できますように!

4ヶ月

久しぶりの投稿になってしまった。
今日で推しに出会って4ヶ月。あっというまに時間が過ぎていった。
最近の良いニュースといえば、先月に引き続き今月も推しの公式情報が更新されたことだ。今月はある雑誌にインタビューが載るそうだ。彼の本業である芸能系の雑誌ではないので買うか非常に迷っているところだが、きっと何事も無かったかのように買う自分が見える。


ところで、ここ最近作品作りになかなか力が出せない。学年が上がり、自分のやりたかったことを専門的に学び始めたのだがどうにも思ったような作品が作れず、日に日に気分が落ち始めてしまっている。
自分のモチベーションを上げるためにも、自分が苦手である分野を得意とする人や、自分より圧倒的に優れている人達の作品を見て、なにくそ私だって!と無理くりやる気を出させているのだがそのやる気も長くは続かず、自分のレベルの低さに悲しくなり手を止めてしまう。疲れた時は推しのことを考えたり違うことをしたりして気分転換をしているが、次第に気分転換の方に力を入れてしまうようになってあまりにも本末転倒である。

何かいい方法はないものかと考えている中で私は、推しに手紙を書くということを思いついた。
しばらく手紙を書いていなかったので、これを機にまた送ろうと思った。彼に送りたいと思って買った新しいレターセットも未だに使えていない。何を書こうとか、何色のペンを使おうとか、そんなことを考えているとやっぱり環境が変わっても私は推しのことが大好きだし、会えなくても応援し続けていたいと思うし、これから有名になってもっと遠く感じるようになってもそれでいいと思えるようになった。推しのことがそれだけ好きなんだなと実感したら改めてなんだか恥ずかしくなってしまった。

この調子でいくと、彼を推して1年が経つ頃には大好きが溢れて何も手につかなくなってしまいそうだ。
手紙を書くことに集中しすぎて、作品作りを怠らないように気をつけたいところである。

出演情報

推しのことを考えるのはやめようと決めた数日間のうちに、半年ぶりに推しの出演情報が更新されていた。とある映画に出演するそうだ。

心臓が止まりそうだった。

やっぱり君が大好きだよ。どんなに小さな役でも。

映画の公開が近くなったらそのうち宣伝するかもしれない。

ガチ恋においての恋人の存在

(※この記事には超個人的なことが含まれますので苦手な方や興味のない方は飛ばしてください)

 

私は今までこのブログ内で、散々"ガチ恋"と綴ってきたが、ついにそのガチ恋を名乗れなくなってしまった。

私事だが先日恋人ができた。かなり前の記事に好きな人のことを書いたのだが、その人と縁があり付き合えることになった。私としては1年越しの思いなのでそれが叶ってとても嬉しい。

嬉しいのだが心の中で、ずっと推しのことがひっかかっている。今までガチ恋だと豪語し、ガチ恋が故に1人被害妄想に陥り悲しい思いもしてきたのだが、こうあっさり自分に恋人ができるとなんだか(自分勝手な思いではあるが)推しのことを裏切ってしまったような気がしてならないのだ。

推しからしてみれば、顔や素性をよく知らない会ったことのない人間に勝手に恋心を抱かれていたのだから、気持ち悪い以外の何物でもなかっただろう。その人間に恋人ができようが出来なかろうが推しには関係の無いことだし、もしかしたらせいせいするかもしれない。だけど、推し一筋、推しだけを応援すると言っていた自分の気持ちはそれほど軽いものだったのか?と思うと、勝手な罪悪感を抱いてしまう。

これはただひたすらに自己満足で応援していた1ファンの自己陶酔とエゴが入り交じった気持ちの悪いものだが、私が純粋に推しのことを応援していた気持ちまで嘘に思えてしまうのが自分の中で解消できずに居心地悪く残っているのだ。

恋人のことは大好きだ、それこそ推しに出会う前から私は彼のことが好きだった。それでも推しに出会って一目惚れをして人生が変わってすべてがうまく行きそうだと感じてずっと応援しようと心に決めたのに、それは私の中ではずっと軽くてどうにでもなってしまうものだったのだろうか。

ガチ恋、と言ったら恋人に対して失礼だからこれからはガチ恋とは言えない。しかし推しのことを大好きなことに変わりはない。自分でも何が言いたいのかよくわからないが、今の私の中で恋人に対しての"好き"と、推しに対しての"好き"の違いが曖昧でぐちゃぐちゃになってしまっているのだと思う。

きちんとこの気持ちに整理がつくまでは、少し推しのことを考えるのをやめてみようかと思う。

ガチ恋においての恋人の存在について、今一度じっくり考えて自分の中で答えが出せるようにしたい。

認知度

しばらく記事を更新していなかったことを思い出したのでまたゆっくり更新していこうと思う。

さて、ゴールデンウィークも終盤に差し掛かり、また忙しい日常に戻ろうとしている。

私はというと、相変わらず推しの更新されない出演情報を眺めながらバイトと学校生活で忙しく、それでも充実した日々を過ごしている。

 

最近私は少しずつ推しの話を色んな人にするようになった。今までは勝手な独占欲から推しを誰かに紹介したりおすすめしたりすることは少なかったのだが、それより彼の活躍を応援するために今は話の合いそうな友達やバイト先の従業員などに自分が応援している俳優がいる、という話をするようになった。

なぜそんな話をするのかというと、あまりにも推しの出演情報が更新されないために彼がこのまま芸能界からフェードアウトしていってしまうのではないかと不安に思ったからだ。そもそも俳優というのは知名度が今後の俳優人生に大きく関わっている。

しかし推しは出演作品も少なく、知名度を広げるツールであるTwitterInstagramなどのSNSを1つも開設していない。そのため、知名度が低くあまりメディアにも浸透していない。このままでは、多くの人に彼の存在を知られることなく推しは芸能界から去っていってしまうかもしれない。そう思ったらいてもたってもいられなくなり、私は地道だが周りの人に彼の存在を知らせるようになった。

そして、今後は彼の名前を出しながら彼のことを色んな人に知ってもらえるよう、Twitterなどで新しくアカウントを作ってみようとも思っている。

たかが1ファンのお節介かもしれないが、私はやっぱり大好きな推しをテレビや映画館のスクリーンで見たい。そう思ったのだ。

 

今後、もしかしたらこのブログでも彼の名前を出すことになるかもしれない。まだ今の私には影響力も何も無いけれど、それでも少しでも彼の名前が広まって彼のことを知る人が増えてくれたらと思う。

いつかはゴールデンタイムの番組に、彼がレギュラーとして出演してくれることを信じて。