お布団大好き

推しへの愛の備忘録

半年

8月は一切更新していなかった、飽き性が顔を出し始めている。

忘れ去られているかもしれないが、ぼんやり深夜にこうやって記事を書き始めたりしてみる。いいのだ、これは自己満足なのだから。


月日の流れが早く、あっという間に9月を迎え、いつの間にか地獄の釜の底のような暑さも少しは和らいできた気がする。

推しを応援し始めて半年以上が経っていた。 半年、という月日の中で推しの情報が更新されたのはほんの僅かだが、この半年間の中で推しへの気持ちがいろんな方向へ揺らいだりしてかなり情緒不安定な日々を過ごした気がする。

そもそも、この半年の中で自分を取り巻く環境が大きく変わり、私自身にも緩やかではあるが変化が見られているような気がする。あくまで、気がするだけだが。

実際忙しく生活していた中でも、推しのことを考えなかった日はほとんど無いし、推しのことを応援するのをやめようかなどと急にメンタルをこじらせてみたり、感情の揺れこそ激しかったものの、しっかり推しの存在は私の生活の中に浸透していて離れることが出来なかった。それだけやっぱり好きなんだなと、何度も何度も痛感した。


先日、推しが出演した映画が地上波で放送された。リアルタイムでは少ししか見れなかったもののテレビ画面に推しが映ると、胸が高鳴るような痛くなるような、ほんのちょっとだけ息苦しくなるような、そんな気持ちになった。推しを見ていた時の私は 『かわいい、やっぱり好きだな』という気持ちが大きかったが、それに隠れるようにして頭の片隅では 『今まで知らなかった人が推しのことを見つけて、簡単に名前を口にして応援するようになったら嫌だな』 という醜い思いがくすぶっていた。

そもそも推しが注目されることは、彼にとっても応援している自分にとってもいいことなのだ。注目されることが増え、認知度が上がればドラマや映画だけでなく、バラエティやドキュメンタリーなどにも出演し、必死に出演情報を更新しなくてもテレビをつければ推しが見れる、なんてことにもなり得るのだ。

だけれど

やっぱり、どうしようもない汚い独占欲がわいてしまい、自分で自分が嫌になってしまった。ファンの1人である自分が勝手に独占欲を抱くなんてお門違いにも程がある。それは分かっているけど。あまりにもどうしようもなさすぎて、私は未だにその映画の録画を見ることが出来ていない。やっぱり胸の奥が抓られるような気持ちになってしまうから。


半年間、彼のことを陰ながらじっと応援してきて、本当に人生が変わったと思っているし、彼に出会うことが出来てとても嬉しい気持ちでいっぱいだ。本当に素直に純粋に、彼の活躍を祈っている。

私のこのみっともない独占欲が無くなって、テレビに映る彼を見て幸せな気持ちになれる日が一刻も早く来ることを、私自身が私自身に祈っている。神様仏様人間様。

Twitter

同担拒否ガチ恋勢だが、やっぱり推し事のことやそれ以外の日常のことをぼんやり呟けるようなアカウントがほしくなり、Twitterのアカウントを開設した。

しかし、誰をフォローしていいかも分からずただ永遠と壁打ちをするだけになりそうだ。

本当はこの界隈での友達も欲しいのだけれど、繋がりましょうタグがあまり好きではないため人脈を増やすのは難しいと感じている。

また、いきなり怪しいアカウントからフォローされたら驚かれないかとか、ブロックされないかとか色々考えるとやっぱり自分は交流することには向いていないのではないかとか云々。

 

一応このブログにアカウントを連携させるつもりだ。それがゆるく交流の輪を広げてくれるといいのだけれど。

 

 

Twitterhttp://twitter.com/move_in_ofton

 

推しの好きなところ

私は推しの顔が好きだ。もちろん好きなのは顔だけではないけど、推しの顔や見た目に一目惚れをしている。

 

私の推しは、世間ウケが良い顔ではないと思う。きっと好き嫌いが分かれる顔だ。決して彼のことを貶している訳ではなく客観的に見ての判断だ。

彼はどちらかというと女顔で、輪郭も同年代の男性よりは丸みを帯びている。笑うときゅっと頬が上がってとてもかわいらしい。目は少し釣り気味で睫毛が長く、たまに目を少しだけ見開いたりするのは多分彼のくせだろう。肌は白くて綺麗だ、女の私よりも綺麗で思わず嫉妬してしまう。鼻筋は綺麗に通っていて品の良い形をしている。唇はふっくらとしていて大きすぎず小さすぎずにっこり笑った顔がとっても可愛い。考えごとをしているときにきゅっと結ばれるのがなんだかとてもいじらしく感じる。以前出演した番組では若干荒れているようにも見えたのが心配だ。また彼はデビュー時から少し髪の毛が長い。最近はよく耳に髪の毛をかけている。それがまた彼の女顔をひきたてて中性的な見た目で魅力があるのだ。

彼はそんな見た目だが、男らしくないという訳ではない。身長は170後半で靴のサイズも男の人ならではというサイズだ。それに、やはり女性と比べると肩幅は広く手が大きい。中性的といえどもやはり彼は男なのだと実感する。

 

今、ドラマやバラエティなどで引っ張りだこの菅田〇暉さんや竹〇涼真さん、山崎〇人さんなどの人気俳優のような万人受けする顔ではない。とてもイケメンというわけでも。それでも私はそんな推しが好きだ、大好きだ。彼の顔や見た目が好きだ。俳優の性格なんて、一般人には分からないことのが多いだろう。彼の人柄も好きだ、だけどそれは言ってしまえば表向きの人柄かもしれない。だから一概には言えないけれど、あくまで彼が"メディアに向けて披露している"人柄は好きだ。謙虚で穏やかで礼儀正しい。私の知っている限りの彼はそんな人間だ。

それでもやっぱり、一目惚れをするくらい彼の顔が好きだ。大好きだ。

毎日考えること

朝起きて日常生活をこなしてまた眠りにつくまで、常に推しのことを考えている。

今日はなにするのかな、朝ごはんはきちんと食べたかな、悲しいことはなかったかな。限りなく母性に近い愛だが、彼のことが好きだからこそ思うことである。

 

毎日彼のサイトを覗きに行くが、やっぱり出演情報は更新されない。彼が今何をしているのか私には分からない。だけど、元気でいてくれればそれでいいと感じる。

でも、あまりにも彼の活躍が見られないのは寂しいから、はやく更新されることを願っている。

前の記事にも書いたように、彼はSNSアカウントを持っていない。

彼が何を見て何を感じたのか、発信されるものがないからこうして私は毎日頭の中でずっと彼のことを考える。

彼のリアルを知ることが出来ないのは残念だが、知る術がないから余計に彼のことを考えてしまうのだろうか。

それもそれで良いことなのかもしれない。そうやって毎日彼のことを考えられるのだから、私は幸せだ。

彼と同じ日本にいて、同じ空の下に生きていることだけが私の支えだ。

 

推しくん、今日もがんばってね。

 

推しの魅力

私の推しの魅力について語ろうと思う。

もしかしたら"この俳優かな?"と思うことがあっても心の中に留めていてほしい。

 

私は推しに一目惚れをしている。正直な話、見た目だけで彼のことを好きになった。だが、彼の中身も知りたいと思い、彼が出たバラエティやインタビューの内容などを調べた。

彼は所謂二世タレントである。しかし、彼はある国民的ドラマに出演するまでそのことを公にしていなかった。私はデビュー時から二世を売りにしているタレントをずるいとは思わない。しかし彼のそんな謙虚な姿勢に、日本人らしさを感じて更に応援したくなった。

彼が以前出演したバラエティ番組では『反抗期が無かった』と話している。ご両親にとても深く愛されているが故にだろう。唯一の反抗といえば恐らく、ご両親に内緒で事務所に応募したことだろう。こんなエピソードから、彼が穏やかな人柄なのも分かる。

にこにこと笑顔で話す彼を見ると、やっぱりこの笑顔が好きだなと痛感する。

 

更に、彼はとても多才なのだ。趣味はバイオリンと、なんだか彼が少女漫画に出てくる人物に思えてくる。でもやっぱりそんな所も好きだ。

彼には、綺麗なもの美しいものしか触れてほしくないし目に入れて欲しくない。ずっとずっと素敵なものに囲まれて生きていてほしい。

好きだからこそ、そう思っている。

これが正しい好意なのかは分からないけど、彼はそう思わせるだけの魅力を持っている。きっと彼自身もまだその事に気づいていないだろう。だからこそ私は汚い独占欲から"有名になって欲しくない"と思ってしまうのだ。

 

彼がもっと有名になったら、彼のその魅力に引き込まれる人が沢山いると思う。

もちろんファンとして、彼が出演する作品はもっと増えてほしい。その気持ちと平行して独占欲もある。

どうか彼の魅力に気づく人がいませんようにと、どこかで願っている自分がいる。自分自身の気持ちのギャップが苦しい。

だけどやっぱり、彼には魅力がある。きっと世間が彼の魅力に気づく日はそう遠くない。その時が来ても私はその事実を受け入れ、変わらず応援していこう。

 

ただ、それまでは、こんな気持ちを持っていても許されるだろうか。どうか少しだけ許して欲しい。

推しに出会って変わったこと

私は今の推しに出会って、世界が変わった。

推しに恋をしてから、泣かなくなった。

 

私にはずっと好きだった人がいた。

数ヶ月前に別れた彼氏とは、付き合いながらもその人への好きな気持ちを殺すことが出来なかったのだ。

相手は同じ大学の人だった。仲が良くてきっと相手も私のことをそれなりに好いてくれていたと思う。だけれど相手に彼女が出来た。それでも尚私はずっと好きでいた。報われないと分かっていても彼に求められると嬉しくて、夜中に泣く日々がずっと続いていた。この人以上に好きになれる人が見つからなければきっと私は変われない。そう思っていた。

だけど、推しに出会って、推しに一目惚れをして、本当に世界が変わったのだ。

好きな人からの返信に一喜一憂したりすることも、前よりも相手の彼女に嫉妬することも少なくなった。私には推しがいるから。そう思って彼の写真を見るだけで満たされるようになった。

今でも、あの人のことは諦めきれていない。きっと顔をみて会話をしたらまた気持ちが戻ってきてしまうと思う。

だけど、前のように虚しくて泣いたりSNSを必死に気にしたり、自ら自分のことを追いやるようなことはしないと断言出来る。

推しだけが私の救いであり、好きな人であり、何より生きる活力だ。

それ程私は推しのことが大好きだ、胸を張って言える。例え直接会えなくても、出演情報が更新されなくても、推しの存在が私を変えてくれた。

 

彼は私の全てだ。